ふらっと教室

ワークシート

一覧ページへ

2011/05/11
職場のメンタルヘルス~セルフケアについて~


【目的・ねらい】

警察庁の2011年3月に公表したまとめによると、2010年の自殺者 は、
8年ぶりに3万2千人を下回ったものの、13年連続で3万人を超えました。

自殺の背景には複合的な原因・動機が多様に絡み合っていますが、 
近年うつ病の人が増えてきている実態があります。
企業においても、うつ病が原因で休職を余儀なくされる人が増えています。

1998年(平成10年)に厚生労働省より「4つのケア」が提唱されました。

  1. セルフケア
  2. ラインによるケア
  3. 事業場内産業保健スタッフによるケア
  4. 事業場外資源(専門家)によるケア

の4つです。

このワークシートでは、

  1. 職場における4つのケアのうちのセルフケア
  2. うつ病の根本原因ともいえるストレスの要因(ストレッサー)
  3. 職場におけるストレス構造(ストレスモデル)
  4. ストレス対策等

について学んでいきましょう。

 

【目次】

  • 自殺者数の年度推移 (3P)
  • 職場における4つのケア (4P)
  • ストレスとは (5P)
  • 快ストレスと不快ストレス (6P)
  • ストレスの過程 (7~8P)
  • 職業性ストレスモデル (9P)
  • いつもとは違う自分に気づく (10~11P)
  • 心の疲れ(ストレス)が引き起こす病気(12~13P)
  • ストレスマネジメントのコツ (14P)
  • 自分に合ったストレス解消法 (15~16P)
  • メンタル不全に陥らないために (17P)
  • キーワード (18P)
  • 健康とは (19~20P)
  • 資料(相談機関) (21~22P)
  •  

    【ワークシートをダウンロード】

    (このワークシートはご自由にダウンロードして教材としてお使いください)

    mental.ppt(パワーポイント書類)

    mental1.pdf(PDF書類・スライドのみ)

    mental2.pdf(PDF書類・ノートつき)

     

    ※この教材の制作には大阪同和・人権問題企業連絡会にご協力いただきました。

     

    関連キーワード:

    一覧ページへ