ふらっと相談室

事例で納得Q&A

「事例で納得Q&A」内で検索

カテゴリー一覧に戻る

「福祉・医療」
ハンセン病


7 ハンセン病回復者と家族や故郷とのつながりは、どうなっていますか

ハンセン病回復者とその家族や故郷とは、現在つながりがあるのでしょうか。

7 ハンセン病回復者と家族や故郷とのつながりは、どうなっていますか
ハンセン病回復者とその家族や故郷とは、現在つながりがあるのでしょうか。
療養所に収容されて以降は、家族との関係を断っているという人が多くいます。療養所入所者のみならず、残された家族への厳しい偏見・差別が及ぶことを避けて、本名や戸籍を捨て故郷では死んだことになっている人もいます。退所者も療養所から退所してもほとんどの人が生まれ育った故郷へ戻れず、別の場所で暮らしている方がほとんどです。<br><br>
2001年、ハンセン病国賠訴訟で、国の隔離政策が誤りであったという熊本地方裁判所の判決が出て、両親の墓参りができた、本名に戻れた、家族と何十年ぶりかで連絡がとれたという人もいますが、まだ多くの人たちが故郷や家族とのきずなを取り戻せていない現状です。

療養所に収容されて以降は、家族との関係を断っているという人が多くいます。療養所入所者のみならず、残された家族への厳しい偏見・差別が及ぶことを避けて、本名や戸籍を捨て故郷では死んだことになっている人もいます。退所者も療養所から退所してもほとんどの人が生まれ育った故郷へ戻れず、別の場所で暮らしている方がほとんどです。

2001年、ハンセン病国賠訴訟で、国の隔離政策が誤りであったという熊本地方裁判所の判決が出て、両親の墓参りができた、本名に戻れた、家族と何十年ぶりかで連絡がとれたという人もいますが、まだ多くの人たちが故郷や家族とのきずなを取り戻せていない現状です。

*執筆協力:社会福祉法人恩賜財団大阪府済生会 ハンセン病回復者支援センター