ふらっと相談室

事例で納得Q&A

「事例で納得Q&A」内で検索

カテゴリー一覧に戻る

「同性愛」


4.同性に恋愛感情を抱いてしまう

21歳の女子大学生です。子どものころから他の女の子とどこか違うという気がしていたのですが、最近はっきりと違いを認識するようになりました。
私は男の子に興味がもてないのです。もっとはっきり言えば、女の子に対して恋愛感情をもってしまうのです。中学や高校のクラブ活動でも好きな女の子ができ、その思いが顔や態度に出るのではないかと思うと苦しくて、クラブをやめてしまいました。今も大学で好きな人がいるのですが、告白できないままでいます。考えても解決できることでもないし、どうしたらよいのかもわかりませんが、誰にも言えないことがつらくてたまりません。
こういう悩みの相談に乗ってくれるところはありますか。

子どものころから周りとは違う自分を感じてきたとのこと、ずいぶんつらいこともあったでしょうね。思春期を経て人が「大人」になる時には、自分の身体や性的な事柄に関心が向くものですが、その中身は人それぞれなのです。人問にはほかの動物のような性本能によるオス・メスの関係はないので、母親の胎内にいる時や生まれてからの環境によって、さまざまなセクシュアリティが可能だとされています。
どのような相手に対して性的な関心やときめきを感じるかを「性指向」という言葉で表します。多くの人は異性を対象とするのですが、1?2割は同性を対象と感じるという研究もあります。このような性の対象や性行為に関して、あるいは妊娠・出産や自分の身体のことなどを自分で決めることができるという「性と生殖に関する自己決定権」は、あらゆる人に基本的に保障されている権利です。
あなたの場合、好きになる人が同性であるということですが、そのこと自体はあなたらしさの一つと考えられないでしょうか。ただ、まだまだ社会に十分な理解があるとは言いにくいうえに、相手が同じ指向をもった人でないことも多いので、不自由なことやつらいことはあるかもしれません。これからはありのままの自分をもっとよく知り、自分に合った相手とめぐり合える時のために自分を磨いていけるといいですね。セクシュアリティに関するいろいろなグループもできているようです。女性センターの情報コーナーやインターネットで探してみてはいかがでしょうか。

【参考文献】
『同性愛がわかる本』伊藤悟編著明石書店
『同性愛って何?プロブレムQ&A』伊藤悟ほか著緑風出版
『多様な性がわかる本』伊藤悟・虎井まさ衛著高文研