ふらっと相談室

事例で納得Q&A

「事例で納得Q&A」内で検索

カテゴリー一覧に戻る

「性同一性障害」


4.女の子と恋愛したい自分は女じゃないの?
私は女子高校に通う17歳です。好きになるのは女の子ばかりです。親からは「男の子になったら?」とか冗談でよくからかわれます。男の子になったら、女の子と堂々とつき合えるけど、私はそれよりも、カノジョといっしょにかわいいお洋服や化粧品などをショッピングしたりするのが楽しいんです。恋愛対象が女の子なのは私の心が本当は男だから!? こんな私は変なんでしょうか?

よくある誤解ですが、性同一性障害と同性愛は別個のものです。
自分は女性として生まれたけれど、心は男性であるというような場合は性同一性障害にあたります。そのとき恋愛の対象が女性なら、身体上は同性愛になりますが、しかし気持ちの上ではこれはじつは異性愛と言えます。
一方、同性愛の場合は、恋愛の対象は女性で、自分もまた女性でありたい、また女性であることに疑問や違和感は特にない……という具合になります。女性として女性を愛するわけです。ご質問のケースは、この同性愛のほうにあてはまるのではないでしょうか。
これらは純粋に個人のありようの問題であって、悪いことでも、まちがったことでもないので、自分を責めずに安心してください。上記の男女を入れ替えたパターンでも同様です。
そもそも好きになる相手がどういう性別の人なのかと、自分自身がどういう性別でありたいかということは、まったく独立した事柄ではないでしょうか。
完全無欠の男性が正真正銘の女性に(あるいはその逆)恋することのみが正常だという世間の常識のほうを疑ってみれば、また新しい見え方ができると思います。
それに恋愛対象というのは、誰だって自分の「好みのタイプ」を指向しているだけでしょう?それが社会的な基準に照らしたときに「異性」が「同性」かで、世の中での評価が変わるなんて差別ですよね。