ふらっと相談室

事例で納得Q&A

「事例で納得Q&A」内で検索

カテゴリー一覧に戻る

「障害者」
精神障害


任意入院なのに閉鎖病棟へ入れられ、買い物もできない
私は「任意入院」で精神病院に入院しました。ところが私の病室は閉鎖病棟にあり、一日中病棟から外へは出られません。外へ買い物に行きたいのですが、いったいどうしたらよいでしょうか。

任意入院は、「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」(精神保健福祉法)に規定されているように、本人の意思に基づく自由な入院です。
ですから、外出ができないような閉鎖病棟に入院させることは原則として許されません。任意入院患者は入院の際に、開放的な環境での処遇(開放処遇)を受けることを文書で知らされることになっています。
任意入院患者を閉鎖病棟へ入れることは、例外的に、本人の症状からみて本人を保護するため必要な場合にのみ許されています。したがって、本人の症状とは無関係に閉鎖病棟に入院させたりすることはできません。もしも閉鎖病棟に入院させた場合には、病院は当該患者本人に対してその理由を書面で知らせなくてはなりませんし、カルテにもその旨を記載しなければなりません。
不当な閉鎖処遇に対しては、都道府県知事等あてに処遇改善請求をすることができます。