ふらっと相談室

事例で納得Q&A

「事例で納得Q&A」内で検索

カテゴリー一覧に戻る

「高齢者」
高齢者全般


ひったくりや空き巣対策を教えてほしい
最近、ひったくりや空き巣が多くて、とても不安です。どのような対策をすればよいのでしょうか。

ひったくりに遭わないための対策は、カバンは車や自転車が通る反対側にしっかりと手を添えてもつ、あるいはタスキがけにする、また、できるだけ人通りの多い道や街灯のある明るい道を足早に歩く、などです。見知らぬ人からの声かけには特に注意し、万一に備えて防犯ブザーを携帯するのもよいでしょう。自転車の場合、前かごに入れたカバンなどは防犯ネットや防犯ベルトで押さえておく、あるいは上に雑誌や新聞紙を置いてカバンを見えないようにする。防犯グッズは最寄りの警察署にある防犯協会などで購入できます。市版品もいろいろあります。
空き巣対策の基本は、施錠を確実にすること。一つの扉や窓に2カ所施錠するのがおすすめです。外出の際はベランダやお風呂場・トイレの小窓の施錠も忘れずに。また家のまわりに足場になるものを置かないように心がけましょう。よく鍵を植木鉢の底や牛乳受けに入れている人もいますが、空き巣がまず見るところなので、そのようなところには置かないように心がけましょう。
貴重品類(印鑑・通帳類・現金など)は、1カ所にまとめて置かず分散して保管する。クレジットカードなどの暗証番号は、生年月日や電話番号・住所に関連した番号を避ける。昼間、外から見てすぐ留守とわかるようなカーテンの閉めっぱなしにも注意。気軽に最寄りの警察署に相談されるのもよいでしょう。