ふらっと相談室

事例で納得Q&A

「事例で納得Q&A」内で検索

カテゴリー一覧に戻る

「雇用・労働問題」


6 この度、会社を退職しましたが、パートは雇用保険に未加入だったので、失業給付を受けられません。

1日5時間、週5日勤務のパート契約で採用されました。会社からパートは雇用保険には入れないと聞いていました。この度、6年勤務した会社を雇止め(契約期間満了)で退職しました。正社員には雇用保険があり、パートにないのはおかしいと思います。

「1週間の所定労働時間が20時間以上で、かつ、31日以上引き続いて雇用される見込みのある」労働者は、正社員やパートなどの雇用形態の違いに関わらず、雇用保険の被保険者となります。

 会社が、雇用保険の加入手続きをせず未加入となっていても、実際に1週間に20時間以上働いていれば、届出の日から2年間、遡(さかのぼ)って加入することができます。まず、会社の所在地を管轄するハローワークで、「被保険者資格取得の確認請求」を行ってください。未加入が確認されると、「遡及(そきゅう)適用の手続き」を行うことができますので、勤務していたことを証明するもの(給料明細、タイムカードのコピーなど)を用意して下さい。被保険者として遡及(そきゅう)加入すると、その間の保険料は会社に請求されます。

 雇用保険加入が遅れたという不利益を被保険者(労働者)が被る現実に即して「遡及保険料に関しては事業主が全額納付し負担する」という処理はありえますが、原則的には社会保険料は被保険者にも2分の1の負担義務がありますので、通常は分割天引きや現金での支払いをする事の方が多いようです。

 詳しくは、各都道府県のハローワークに相談ください。

執筆協力団体:連合大阪なんでも相談センター「労働相談Q&A」