ふらっと相談室

事例で納得Q&A

「事例で納得Q&A」内で検索

カテゴリー一覧に戻る

「犯罪被害者」


5.犯罪被害に遭った同じ立場の人と知り合いたい

犯罪被害に遭い、つらく苦しい日々を送っています。自分と同じような被害に遭った人と一度、話をしてみたいと思うのですが、そういう人が身近におらず、また、どのように探せばよいのかわかりません。何かよい方法はないでしょうか。

 いわれなき犯罪被害に遭い、つらい日々を送られているのですね。同じ境遇に置かれている人と話をすることで痛みを共有したり、怒りや不安といった感情を分かち合いたいと思うのは被害者としてごく自然な感情であり、大きな心理的回復につながります。

 このように、たとえば被害者同士が集まることを自助グループ(セルフヘルプ・グループ)と呼びます。自助グループは共通の問題をもつ人たちによる相互援助のためのグループです。もともとは障がい者やその家族同士が集まり始めたことがきっかけのようですが、現在ではそれ以外の自助グループも多数あります。

 最近は犯罪被害者の自助グループの活動も全国的に広がりつつあります。めざすグループがなくとも支援機関などに問い合わせ、まずあなた自身が、これからできるグループのメンバーとして登録しておくことが有効かと思います。

 受けた被害の内容、被害を受けた人の立場などはさまざまで、たとえば「全国犯罪被害者の会(あすの会)」「少年犯罪被害当事者の会」などがあります。「認定NPO法人 全国被害者支援ネットワーク」などに問い合わせれば、各地の犯罪被害の自助グループに関する情報が得られるでしょう。

【関連サイト】

●全国犯罪被害者の会(あすの会)

●少年犯罪被害当事者の会

●TAV交通死被害者の会

●認定NPO法人 全国被害者支援ネットワーク

執筆協力: 特定非営利活動法人 大阪被害者支援アドボカシーセンター