ふらっとNOW

高齢者

一覧ページへ

2000/06/22
介護は長い道のり。適度の息抜きが必要ですよ。


■男の老老介護
世界に類を見ないスピードで高齢化が進む日本。介護の必要な高齢者は増える一方で、1997年総務庁調査では、介護のために退職した人は年間で10万1000人。そして、その約1割が男性でした。高齢者問題と切り離せない、これからの介護。「妻の介護を理由」に今春、高槻市長を辞任された江村利雄さんに、男の介護について、3回にわけて語っていただきます。

老老介護
厚生省の1995年国民生活基礎調査によると、介護する人の年齢は60~69歳が28.3%、70歳以上が24.2%と、全体の半数以上が60歳以上の高齢者となった。このように介護の必要な高齢者を、高齢者が介護することを「老老介護」という。



「公務をとるべきか、妻の介護をとるべきか」
市長辞任は、かなり迷った末の決断でした。

妻が寝たきりになって、家で療養するようになり、どうしても僕の力が必要になったんです。市長時代は朝食を一緒に食べても、9時前になるとバタバタと家を出る毎日。昼休みには自転車で、また家に戻って、おむつを替え、昼ごはんを一緒に食べていましたが、ほんまにあわただしい。妻はホームヘルパーさんが来るまで独りで、寂しい思いもさせました。僕が家にいるようになって、笑顔が増え、肌につやも出てきた感じで、辞めて良かったと実感しています。

長男の嫁もようやってくれるんですが、どうしても遠慮がある。おむつを換えるのも恥ずかしいと嫌がるんです。嫁姑も、長く暮らせば何でも言い合えるようになるんでしょうけど、うちの場合は5年前に同居したばかり。その頃、親子ローンを利用できる最後のチャンスやというので、3階建てに改築しましてね。長男家族が2階で、僕たちが3階。妻が「骨粗しょう症」で、最初の手術をした頃ですが、まだ自分の身のまわりのことはできていたんです。妻の動きにあわせて手すりを付け、車いすで移動できるようにエレベーターも設置しました。妻が寝たきりになってからは、風呂の天井にレールを取り付け、ハンモック風の介助具で脱衣所から浴槽まで座ったまま運べ、お湯につかれる様式にしたので、おかげで僕ひとりの介助でも入浴の世話が十分できるんです。

まあ、そんなわけで、同居とはいえ急用以外は長男一家とお互いに干渉しないようにしているので、妻に遠慮なくものが言えるのは僕だけ。多少きついことを言っても、素直に聞いてくれます。以前、救急救命センターの医師から、「植物状態になった女性が、子どもや兄弟の声に反応しないのに、夫には反応する」と聞いたことがあるんです。長く一緒に暮らすことで、夫独特の波長がわかるようになるんでしょうな。
12
関連キーワード:

一覧ページへ