ふらっとNOW

障害者

一覧ページへ

2000/01/22
車椅子と一体となって走る快感に魅せられて


長野冬季パラリンピックでは、アイススレッジレースの1000および1500メートルで2つの金メダルを獲得し注目を集めた土田和歌子さん。彼女は今、2000年夏に開催されるシドニーパラリンピック出場を目指して、トレーニングに励んでいます。そんな土田さんが、車椅子で挑むスポーツの魅力や厳しさを2回にわたって語ってくれました。
文字拡大

長野からシドニーへ!
長野冬季パラリンピックでは、両手のストックを使ってそりを滑らせるアイススレッジレースに出場し、2つの金メダルをとることができました。でも今は、シドニーのパラリンピック出場を目指してトレーニングに没頭する毎日です。

アイススレッジは冬だけの競技。それで夏場のトレーニングとして、持久力をつけようと車椅子マラソンを取り入れたのが、マラソンとの出会いです。長野を目指して、夏はマラソン、冬はアイススレッジという年間スケジュールをたててトレーニングしました。
こうして、もともとアイススレッジのために始めた車椅子マラソンなんですが、長野が終わった時点では、マラソンにとても魅力を感じるようになっていました。「シドニーのパラリンピックを目指したい」という気持ちが、自然に湧いてきたんです。

今はトラック競技にも取り組んでいます。シドニーも、車椅子マラソンと陸上の両方を目指してはいるんですけど、違う性質の競技だからトレーニング方法もまったく違う。かなりの実力がないと難しいんです。まだ経験も浅いので、まずはトラック競技で世界に挑戦し、将来的にはマラソンで、と考えています。今はスタート地点に立ったばかりですね。
関連キーワード:

一覧ページへ