ふらっとNOW

子ども

一覧ページへ

2003/07/25
「生きてるだけで意味があるんだよ」と、子どもたちに伝えたい


「生きてるだけで意味があるんだよ」と、子どもたちに伝えたい 東ちづるさん(後編)

母との対話やカウンセリングを通じて自分や家族との関係を見直し、「いい人、やめた!」と“宣言”した東ちづるさん。自分の気持ちよりも大人の期待に応えることを優先する“優等生”だった子ども時代を振り返りながら、「子どもの気持ちがわからない」と悩む大人へ厳しくも温かいメッセージを贈ってくれた。

「がんばれ、がんばれ」と言われ続ける子どもたち

『<私>はなぜカウンセリングを受けたのか』という本を出版してから、さまざまな事情を抱えた人から手紙をいただきます。そのなかには不登校やひきこもりの子どもをもつ親御さんもいらっしゃるんですが、たいてい「うちの子に“がんばれ”というメッセージを送ってやってください」と言われるんですね。でも、ひきこもるっていうのも、がんばっている証拠なんですよ。ひきこもっていると何もしないで怠けてるように見られるけど、ひきこもるにもとてもエネルギーが必要なんですよ。ひきこもっている子どもたちは「がんばれ、がんばれ」と大人たちに言われ、がんばった末にひきこまざるを得ないまでに追い詰められてしまったケースがほとんど。でもひきこもっている限りは何も解決しないことも本人が一番よくわかっている。内心は焦りや不安で一杯のはずなんです。「だから、もうがんばらなくてもいいよと言えませんか?」と私が言うとビックリされるんですよ。「もっとがんばって、勉強なり仕事なりをしなくちゃダメだ」と思いつめている。「もうがんばらなくていいよ、好きにしていいよ」という発想にはなかなかなれないみたいですね。

がんばっても報われないこともある

きっと、親御さんもがんばってこられたんでしょうね。「私たちはがんばってここまできたんだから、あなたもがんばりなさい」ということなんでしょう。子どもに「がんばらなくていい」と言ってしまうと、「じゃあ私がこれまでがんばってきたことは何だったの?」となってしまう。「がんばらなくていい」イコール「自分を否定する」ことになるようで、つらい。けれど「がんばらなくていい」というのは決して自分を否定することではありません。がんばってきた自分も「あり」。これからはがんばらないという選択も「あり」。がんばりたい時もあるし、がんばらなくていい時もあるし、がんばれない時もある。いろいろな選択肢があって、どれを選ぶかは自分自身なんです。
「がんばれば報われる」というのが今の日本の教育なんですね。でも現実には、がんばっても報われない時もあるんですよ。良し悪しや勝ち負けではなく、「がんばったけど報われなかった」という現実を受け止める。そしてがんばった自分を褒める。がんばるかどうかよりも、それが大事だと思います。

一番好きで怖い親に「いい子」だと思われたい

子どもが小さいうちから塾やおけいこごとに通わせている人、多いですよね。「親には、子どもが将来困らないように“いい教育”を受けさせる責任がある」という言い分をよく耳にしますが、責任をもつふりして「自分への見返り」を期待しているように思えてなりません。「あなたのため」と言いながら、その子を育て上げた自分への評価を気にしたり、自己評価が低いから子どもに自分の人生まで背負わせようとする。「私が子どもの頃には望んでもできなかったから、あなたには十分させてやりたいの」と子どもに言う親もいますが、それもよくよく考えるとエゴですよね。「私はこれだけのことを子どもにしたのよ」という。
私自身も子ども時代、母が勧めるあらゆるおけいこごとを習い、“一番”を何より喜ぶ母の顔見たさにがんばりました。確かに身についたこともあり感謝していますが、私が一番望んでいたのは、「結果がどうであれ、私の気持ちに寄り添ってほしい」ということでした。私が嬉しい時は一緒に喜び、悔しい時は一緒に泣いてほしかった。けれど子どもだった私にはそれが言えませんでした。子どもが一番認められたい人は、親なんですよ。そして一番怖いのも親なんです。親に見放されたら生きていけないというのが本能的にわかっていますから、「いい子」という評価を得たくてがんばるんです。ましてや親に「あなたのためよ」と言われたら、それを愛情として受け取らなくちゃいけないと思ってしまう。もし反抗したら、「こんなにあなたのことを思っているのに」「子どものくせに」と言われる。だから、子どもは本当の気持ちを親にはなかなか言えないものなんです。

12
関連キーワード:

一覧ページへ