ふらっとNOW

子ども

一覧ページへ

2003/12/26
ともに学び、考える「性」


若い世代の性的体験の時期が早まっているという。一方で、性感染症の広がりも指摘されている。思春期のただなかで、自分の体の変化や性の衝動に戸惑う子どもたちに、何をどう伝えられるのか。大阪府立松原高校では、「知る・考える・動く」をモットーに主体的に性について学び、同世代に知識を広める活動「るるく」を行っている。今回は「るるく」の活動を通じて、性教育のあり方を考えてみたい。

大阪府立松原高校「るるくめいと」 ともに学び、考える「性」

一瞬にして変わった空気

「みなさーん、こんにちは!」。メンバーがニコニコしながら元気よくはりあげた声で、講堂の空気は一瞬にして変わった。講堂で、3年生を対象に行われている性教育の実習。第一部は、貝塚保健センターの保健師が話す避妊や性感染症の基礎知識だった。一方的に教えるのではなく、「あなただったらどうする?」「どう思う?」と投げかけつつ具体的な対応の仕方や考え方を提示していく。生徒たちは静かに聞いていたが、下を向いたまま動かない子も多い。教師や保健師たちの熱意がどれくらい生徒たちに伝わるだろうか……。と、少し心配になったところで第二部が始まったのだった。元気なあいさつで全員の視線を集めた「るるくめいと」たちは、そのまま発表に入った。

劇で問いかける「あなたならどうする?」

「人間の体のなかには、ヘルパーT細胞という免疫細胞があります」「風邪のウイルスなどが体に侵入してくると、ヘルパーT細胞がウイルスと戦うのです」「ところがHIVウイルスはT細胞の活動を妨げてしまいます」「HIVウイルスに感染することによって、さまざまな感染症にかかりやすくなってしまいます」。ウイルスに扮し、HIVウイルスによって体の免疫機能が落ちていく様子をわかりやすく説明する。
次に、高校生のカップルを主人公にした劇が始まった。誕生日を迎えた彼にプレゼントを渡す彼女。しかし男の子の心は、ロマンチックな気分より「セックスしたい」という気持ちで一杯だ。「なあ、ええやろ」「俺を信じろや」と迫る彼。「信じてるけど」と不安な気持ちを表現し、「コンドームをつけて」と言う彼女。「コンドームなんか持ってないし、つけ方も知らん」「今日はナシでもええやん。1回だけ…」と彼はさらに迫る。ふたりをそそのかしたり戒めたりするのが「天使」と「悪魔」だ。「悪魔」は「好きならいいやん。やっちゃえ」とけしかけ、「天使」は「好きだからこそ自分も相手も大事にして」と訴える。そして最後は生徒たちに「みなさんはどう思いますか?」と投げかけた。
劇のシチュエーションやカップルのやりとりは中学3年生にとっては気恥ずかしかったり、なまなましかったりするものなのだろう。テレ笑いをしたりクラスメートとつつき合ったりはしていたが、目を離すことはない。真剣な表情で見入っている生徒も多い。「何か」を感じている空気はビンビンと伝わってくる。

関連キーワード:

一覧ページへ