ふらっとNOW

福祉・医療

一覧ページへ

2004/07/01
「性差」に目を向けた医療の取り組み


ここ数年、全国各地の病院で「女性専用外来」を設置する動きが目立つ。婦人科系の患者を中心に、女性医師を望む女性の声もある。一方で、「医師の性別よりも、質の高い医療を求めたい」という女性患者、「女性である自分に何を求めてこられるのか」と戸惑う女性医師もいる。そもそも女性専用外来はなぜつくられたのか。専門科ではない女性専用外来の意義とは何なのだろうか。



手術の傷跡は必ず一緒に見る

独立行政法人国立病院機構横浜医療センターでは'01年に女性専用外来を設置した。予約制で、外科と内科の女性医師を中心に、各科と連携しながら診察をしている。乳房や肛門など男性医師の診察に抵抗がある部分に異常を感じている、どの科を受診すればいいのかわからない、人の出入りが多い一般外来では話しにくい相談があるなど、幅広い内容の相談を受ける。診察の結果、専門の治療が必要と判断すれば各科へつなぐ。男性医師による診察やプライバシーへの無配慮から受診をためらう女性のための、いわば総合相談窓口のようなものである。

提案者である外科の土井卓子医師は、患者と日々接するなかで、女性には男性とは違う配慮が必要なことを痛感し続けてきた。たとえば、乳がんで乳房を摘出した患者の術後ケア。患者が術後の傷跡を初めて見る時、土井医師は必ず立ち会う。ショックで泣きたい気持ちを受け止めると同時に、傷跡は日を追うごとにきれいになること、乳房の再建も可能であることなどを説明する。補正下着や水着もあることを伝える。

「外出や入浴への抵抗は、病気や手術を精神的に受け入れてこそ克服できると説明すれば、患者さんはどんどん元気になります。また、退院したらご主人に傷を見てもらったほうがいい、できれば一緒に入浴したり夫婦生活をもったほうがいいといったアドバイスもします」。こうした細やかな説明やアドバイスにはもちろん理由がある。「受け入れ方によって、その後の経過がまったく違うんです。受け入れがスムーズにいけば、温泉に行っても大浴場に入れるし、補正下着を使って外出しようという気持ちにもなります。最初からネガティブになると、自分の傷が嫌、体が嫌、病気が嫌とすべてに否定的になり、積極的に治療に参加できません。ですから術後の精神的ケアは非常に重要だと私は思います」。

ところが多くの男性医師たちの間には、そうした認識がまったくと言っていいほどない。医師に認識がない以上、看護師も立ち入れないのが現状だ。土井医師は研修医時代、乳房を摘出した患者が何のフォローも受けられず、孤独と絶望にうちひしがれている姿を何度も目にした。たまらず自ら情報を集め、試行錯誤のケアをするうち、「内科に行くつもりが、やめられなくなっちゃった」と笑う。


プラスアルファのひと言で楽になる患者

外科医として患者と接するなかで、土井医師はさらに女性と男性の「性差」を実感するようになる。たとえば鼠径ヘルニアは発生の仕組みからして男女で違い、症状の表れ方・苦痛の感じ方も違う。気胸には「月経随伴気胸」という女性だけに発生するタイプがあり、治療法が違う。膀胱炎は何度も繰り返す女性が多い。尿道が短く、膀胱が細菌感染しやすいという体のつくりに加え、短いスカートによる冷えや通気性の悪いストッキングも原因になる。「トイレを我慢したり、水分を取らなかったり、下着をこまめに替えないといったことも原因になります。用を足した後の拭き方によって雑菌が入ってしまうこともあります。いくら抗生物質を投与しても、間違った生活習慣を正さなければ根本治療にはなりません。逆に生活習慣を変えただけで“そういえば最近、熱が出ないわ”という人がいっぱいいるんです」。

あるいは乳房痛を訴える女性が受診した場合。男性医師は、一通りの診察や検査をして異常がなければそれでよしとなりがちだ。痛みの訴えにも「病気じゃないんだから」と取り合わないことが多い。土井医師は「これはエストロゲンという女性ホルモンの刺激だから、月経前には胸が張って痛くなるんです。でも生理的なことだから問題はありません」と言葉を添える。「男性ホルモンを注射すれば痛みは和らぎますが、ホルモンの作用でおっぱいは萎びるし、吹き出物も出ますよ」と説明すれば、「それなら注射せずに我慢しよう」と納得する。すると痛みそのものも和らいだりする。

「不安な気持ちがあると痛みはより強く感じるものなんですね。プラスアルファのひと言があるだけで、患者さんはすごく楽になるんです。でも男性医師にはそのプラスアルファがありません」。そのことを男性医師たちに訴えても、「病気でない以上、医者として関わりようがない」という反応しか返ってこない。「それならいっそプラスアルファを言える場をつくってしまえば患者さんは楽になるんじゃないか」。これが女性外来設置の動機となった。

関連キーワード:

一覧ページへ