Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2012/07/19
【読売新聞】高齢者「見守りテレビ」 使用状況で安否確認...埼玉


北本市とシャープが連携

高齢者の孤立死を防ごうと、埼玉県北本市は家電大手「シャープ」(本社・大阪市)と連携し、テレビの使用状況で高齢者の安否を確認する「見守りテレビ」の実証実験を18日、同市栄の北本団地で開始した。

あらかじめ登録した個人宅のテレビの使用状況が、インターネットの専用サイトに反映され、それを市と自治会がパソコンで見て、安否確認する。今回、実験に参加するのは65歳以上の単身、あるいは夫婦で同団地に暮らす18世帯。18日午後から、同社製の液晶テレビの設置が始まった。

「見守りテレビ」では、住人がスイッチを入れると、画面に、現在の自身の体調について「よい」「ふつう」「いまひとつ」から選んで答えるアンケートが、自治会のお知らせと併せて表示され、住人はそれに回答する。外出を知らせる「おでかけ設定」もできる。

市高齢介護課の担当者と団地自治会の会員が、それらの状況を専用サイトで随時見て確認する。テレビ不使用が長時間続く場合、自治会が訪問するなどの対応をとる。

続きを読む


読売新聞

関連キーワード: ,

一覧ページへ