Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2012/09/21
【東京新聞】<はたらく>仕事と介護 どう両立? 「社外で勤務」の工夫を


団塊の世代があと10年で75歳を超え始め、まもなくやってくる“大介護時代”。共働き家庭が過半数を占め、 仕事をしながらの介護に誰もが直面する可能性がある。認知症の父(76)を介護しながら、企業の両立支援を研究している東レ経営研究所ダイバーシティ& ワークライフバランス研究部長の渥美由喜さん(44)に、「会社員、介護、子育て、看護、家事」の“5Kライフ”にどう向き合っているかを聞いた。 (稲 熊美樹)

-介護が始まったのはいつですか。

「一人暮らしの父が統合失調症を発症し、攻撃的になったり、徘徊(はいかい)するようになり、二〇〇九年十二月から三カ月間、入院しました。合う薬が見つかって症状は改善されたものの、認知症もあって要介護1。家に戻ってもサポートが必要な状態でした」

-退院後の介護体制はどう整えましたか。

「会社員の妻(44)や、きょうだいと話し合いました。介護はプロジェクト。仕事の経験が生きます。感情をぶつけ合うより、仕事の会議のようにビ ジネスライクの方がいい。どういう状態が父にとって幸せか、ゴールイメージを共有しました。要介護1だと、介護保険制度だけでは足りません。自費で補って います」

-話し合いで問題はありましたか。

「親戚が口を出したことがありましたが、断りました。介護は相続権に応じて関わるべきであり『長男の嫁だからやれ』というのもおかしい。本来は対価を伴うこと。相続権があっても介護に関われないなら権利を放棄し、介護している人にお願いするべきです。時間をかけられないのなら、少なくともお金を出 さなくては」

-介護が始まって生活は変わりましたか。

「自宅から父の暮らす家へは、車で十五分。父は知らない人を家に入れるのを嫌がったので、介護者に慣れるまでの三カ月間は集中的に滞在しました。新しい生活に慣れるまでは、家族が関わるしかありません。今も、毎日子どもたちと一緒に顔を出しています」

-三カ月間はどう乗り切ったのですか。

「在宅勤務です。父の家で仕事をした。あらゆる職種で、少なくとも週一日はできると感じます」

-仕事での工夫は。

「今も出張回数は減らしています。いつでもどこでも仕事ができるようパソコンや資料は持ち歩き、移動や待ち時間には立ったままパソコンを開きます」

続きを読む


東京新聞

関連キーワード:

一覧ページへ