Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2012/10/23
【中国新聞】労災保険対象外の高齢者ら健保で救済 厚労省、来年法改正へ


厚生労働省は19日、仕事中にけがをしたシルバー人材センターの高齢者らが労災保険の対象にならない場合、健康保険を適用して救済する方針を固め た。健康保険も労災保険も適用されず「制度の谷間」に落ちてしまう人が治療費の全額自己負担を強いられるケースが相次いだため、対策を協議していた。

厚労省は社会保障審議会医療保険部会での議論を経て、来年の通常国会に健康保険法改正案を提出したい考えだ。

センターを通じて請負の形で仕事をする高齢者や、インターンシップ(就業体験)中の学生らは、センターや企業との間に雇用関係がないため、仕事中 にけがをしても労災保険を受けられない。仕事中のけがには健康保険も適用されないため、治療費の全額負担を求められる場合がある。

現在、センターを通じて働く高齢者の9割以上はセンターとの間に雇用関係がない。しかし働き方によっては雇用契約を結んで労災保険の対象にできる高齢者もいるため、厚労省は健康保険での救済と並行して、こうした人と雇用契約を結ぶようセンターに働き掛ける方針だ。

続きを読む

中国新聞

関連キーワード:

一覧ページへ