Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2013/02/25
【熊本日日新聞】再審無罪へ決意、石川さん熊本で訴え 狭山事件


「狭山事件」で再審請求中の石川一雄さん(74)=埼玉県狭山市=が23日、石川さんを支援する市民グループが熊本市で続けている座り込みに初めて参加し、再審無罪へ向けた決意を語った。

市民グループは「くまもと『狭山事件』を考える住民の会」(磯田浩隆代表)。2002年6月から、毎月23日に同市の辛島公園で座り込み、事件の問題点を市民にアピールしている。

129回目の今回、妻の早智子さん(66)と参加した石川さんは集まった約30人に感謝し、「警察に証拠を捏造[ねつぞう]され、犯人にされた。私が被差別部落出身でなければ、そうはならなかっただろう。再審が始まれば真実はきっと分かってもらえる」と話した。

今年は事件発生からちょうど50年。磯田代表は「石川さんは仮釈放されたが、事件は続いている。再審で完全無罪を勝ち取るまで座り込みを続ける」と力を込めた。

石川さんは1963年に狭山市で起きた女子高生殺害事件で逮捕され、無期懲役が確定。94年に仮釈放された。1、2次の再審請求は棄却され、現在3次の再審請求中。

続きを読む

熊本日日新聞

 

 

 

関連キーワード: ,

一覧ページへ