Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2013/07/12
【シノドス】2013年度参院選挙を医療・介護の視点から考える


 

【シノドス】2013年度参院選挙を医療・介護の視点から考える
http://synodos.jp/welfare/4874

いよいよ参議院選挙の投票日がせまってきた。選挙の主要な争点は、アベノミクスにおける経済政策となっているが、生活に密接にかかわる社会保障の問題が軽視されつつあるのではないだろうか。社会保障と税の一体改革に絡んで、8月中に社会保障制度改革国民会議における最終報告書がまとまる見通しだが、医療、年金、介護、福祉といった具体的な各論は、その後の議論となりそうだ。

その意味でも、法律可決における政治力学から考えて、今回の参議院選挙は「ねじれ国会」の解消につながるのか、つながるにしても与野党の議席数がどの程度の差になるのか。その結果によって具体的な社会保障政策の行方は異なるであろう。

この重要な選挙を審判する有権者が、良識な判断を下す意味で、今回は医療や介護を中心に各政党間の主張について分析してみたい。なお、紙面や資料の関係から、自民党、公明党、民主党、日本維新の会、みんなの党、日本共産党、社民党の7党にかぎって触れることとする。

続きを読む

シノドス

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ