Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2013/07/08
【産経新聞】「3年育休」本当に女性の味方か...


「長すぎる」「浦島太郎になる」社員も企業も微妙な受け止め

【産経新聞】「3年育休」本当に女性の味方か…「長すぎる」「浦島太郎になる」社員も企業も微妙な受け止め
http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/130707/wec13070718000000-n1.htm

「3年間抱っこし放題」-。安倍晋三首相が経済界に呼びかけている「3年育休」政策が話題を呼んでいる。政府は中小企業向けに育児休業から復帰する際の支援金拡充や、育児休業給付の支給要件緩和などに乗り出す方針で、3年育休を側面支援する施策を次々に打ち出している。少子高齢化が進む中、避けては通れない育児と仕事の両立。現行制度では、最長1年6カ月が法律で定められているが、すでに「3年」を制度化している職場も少なくない。しかし、3年育休は本当に女性の味方なの?

「3年は長すぎる!?」

「3年も休んだら職場に戻られへんわ」。最近、大阪市内にある女性ネットワーク組織のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)には、こんな書き込みが目立つという。会員の40代女性は「育休1年でも復帰したら『浦島太郎』なのに…」とこぼす。

3年育休をめぐって、企業や当事者である女性の受け止め方はさまざまだ。

首相の呼びかけに、関西の大手メーカー関係者は「会社としての対応は決まっていないが、3年は長い…」と疑問を投げかける。

この関係者は「子供の年齢が上がると保育園に入りにくくなるという事情もあり、早めに子供を保育園に預けて職場復帰する人も多い」と打ち明ける。

続きを読む

産経新聞

 

 

関連キーワード: ,

一覧ページへ