Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2013/09/04
【毎日新聞】婚外子:相続差別は「違憲」と判断...最高裁大法廷


 

【毎日新聞】婚外子:相続差別は「違憲」と判断…最高裁大法廷
http://mainichi.jp/select/news/20130904k0000e040250000c.html

結婚していない男女間に生まれた子(婚外子)の遺産相続分を、結婚している夫婦の子の半分とする民法の規定が、「法の下の平等」を保障する憲法に違反するかどうかが争われた2件の裁判で、最高裁大法廷(裁判長・竹崎博允<ひろのぶ>長官)は4日、規定を違憲とする決定を出した。規定は婚外子への不当な差別だとの批判が根強く、国会は早急な法改正を迫られる。

大法廷は1995年、「民法が法律婚主義を採用している以上、相続格差には合理的根拠がある」として、規定を合憲と判断していた。判断が見直された背景には、婚外子差別の解消が進む国際情勢や、事実婚やシングルマザーの増加など家族の形の多様化、国民意識の変化があるとみられる。

2件の裁判は、いずれも父親(被相続人)が2001年に死亡し、和歌山、東京両家裁で遺産の取り分が争われた家事審判。1、2審は規定を合憲とし、これに沿った分割を命じたため、婚外子側が最高裁に特別抗告していた。今後は2審の大阪、東京両高裁で審理がやり直される。

最高裁が法令を違憲と判断するのは、戦後9件目。

続きを読む

毎日新聞

 

 

関連キーワード: , , ,

一覧ページへ