Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2013/11/05
【毎日新聞】狭山事件:冤罪訴える石川さん 半世紀ドキュメント映画に


 

【毎日新聞】狭山事件:冤罪訴える石川さん 半世紀ドキュメント映画に
http://mainichi.jp/select/news/20131102k0000e040202000c.html

埼玉県狭山市で女子高校生が殺害された「狭山事件」で無期懲役が確定し、冤罪(えんざい)を訴え続けている石川一雄さん(74)=仮釈放中=の日常を切り取ったドキュメンタリー映画「SAYAMA みえない手錠をはずすまで」(105分)が完成した。事件発生から50年。金聖雄(キム・ソンウン)監督(50)は「石川さんの人となりを知り、半世紀の重みを改めて感じてほしい」と話している。

作家の落合恵子さんや漫画家のやくみつるさんらが呼び掛け人となり製作された。朝のジョギングや茶の間で妻の手料理を食べるシーンなど穏やかな光景が映し出される。

裁判所の前のシーンでは「殺人犯というレッテルを貼られたままで、今も苦しんでおります」と、マイクを握って訴える。両親の墓参りを「無罪が認められるまで行けない」と拒んだり、夜間中学に行く夢を語ったりする場面もある。

石川さんは「事件の映画は何本もあるが、一番私に近づいて、踏み込んだ作品。ちょっと恥ずかしいけれど、事件に関心を持ってもらえればありがたい」。妻早智子さんも「この映画を見て人間石川一雄と、狭山事件を知っていただくきっかけになれば」と話す。

製作委員会は3日までYMCAアジア青少年センター(東京都千代田区)で上映会を開催中。12、13日に兵庫県民会館(神戸市中央区)でも上映するほか、自主上映会の開催を呼び掛けている。問い合わせは同委員会(042・316・5882)。

続きを読む

毎日新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ