Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2013/11/13
【朝日新聞】障害者虐待、半年で1524件 家族ら養護者から86%


 

【朝日新聞】障害者虐待、半年で1524件 家族ら養護者から86%
http://digital.asahi.com/articles/TKY201311110061.html

昨年10月から今年3月末までの半年間で、全国の自治体などが確認した障害者への虐待が1524件、被害者は1699人にのぼることがわかった。厚生労働省が11日、調査結果を明らかにした。これまで虐待数の実態を把握していなかったが、障害者虐待防止法が昨年10月に施行されたのを受け、初めて全国の状況を集計した。

調べたのは、市区町村や都道府県、労働局に寄せられた障害者虐待に関する相談や対応状況など。(1)家族ら養護者からの虐待(2)福祉施設の職員などからの虐待(3)雇用主などからの虐待――の三つに分類した。

件数が最も多かったのは養護者からの虐待で全体の86%にあたる1311件(被害者は1329人)。うち3人は死亡に至った。加害者は、父親が全体の23%で、母親(21%)、兄弟姉妹(20%)と続く。被害者の8割は加害者と同居していた。被害者の障害の種類は、知的障害(49%)、精神障害(36%)、身体障害(28%)の順だった。

養護者からの虐待の種類(複数回答)を見ると、暴力などの「身体的虐待」(全体の60%)、暴言などの「心理的虐待」(35%)、障害年金を取り上げるといった「経済的虐待」(27%)、食事の世話をしないといった「放棄、放置」(21%)が目立つ。

続きを読む

朝日新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ