Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2013/12/12
【東京新聞】性別変更の夫 父と認定 最高裁 血縁なくても親子


 

【東京新聞】性別変更の夫 父と認定 最高裁 血縁なくても親子
続きを読む
東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013121202000158.html

性同一性障害で性別を女性から男性に変更した兵庫県宍粟(しそう)市の夫(31)とその妻(31)が、精子提供で出産した男児(4つ)の父親を夫と認めるよう求めた審判で、最高裁第三小法廷(大谷剛彦裁判長)は夫妻の申し立てを退けた一、二審の判断を破棄し、夫を父親と認める決定を出した。

性同一性障害をめぐる初判断で、決定は十日付。民法は、妻が婚姻中に懐妊した子を「夫の子と推定する」と規定しており、性別変更した夫の子にも及ぶかが争点だった。

決定は、性同一性障害者が自ら望む性別を選べるようになった二〇〇四年施行の性同一性障害特例法を踏まえ、「男性に性別変更した者は夫として結婚できるだけでなく、婚姻中に妻が懐妊した子についても民法の規定により、血縁関係がなくても男性の子と推定されるべきだ」との判断を示した。戸籍の「父」の欄に夫の名前が記載される。

判事五人中三人の多数意見。大谷裁判長ら二人は「特例法は、性別変更した性同一性障害者が実子を持つことを想定していない」と反対した。

決定によると、夫は性別変更後の〇八年に結婚し、翌年に妻が男児を出産。昨年一月に本籍地の東京都新宿区に出生届を提出したが、区は父親欄を空欄にしたため、夫妻は訂正許可を求め家事審判を申し立てた。

東京家裁は「男性としての生殖能力がないのは明らかで、実子とは推定できない」と申し立てを却下、東京高裁もこれを支持した。

性同一性障害で性別変更した人の婚姻は増えており、多様化している家族関係を反映した法整備を求める声が強まりそうだ。

続きを読む

東京新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ