Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2014/01/17
【朝日新聞】ハルモニ寺子屋20年 東大阪「うり・そだん」


 

【朝日新聞】ハルモニ寺子屋20年 東大阪「うり・そだん」
続きを読む
朝日新聞(無料会員登録で閲覧できます)
http://digital.asahi.com/articles/ASG1F6GWFG1FPPTB003.html

東大阪市の在日韓国・朝鮮人女性らの自主学習の場「うり・そだん」がこの春、開設20年を迎える。十分な教育環境を得られなかった「ハルモニ」(おばあさん)らが、読み書きや母国文化を学んできた場所だ。日韓関係がぎくしゃくするなかだが、ハルモニらは学び続ける大切さを訴えている。

うり・そだんは、ハングルで「私たちの寺子屋」を意味する。同市の中学校2校の教室を借りて週2日、在日コリアンらが日本語やハングルの読み書き、朝鮮半島の歴史、文化などを学ぶ。ハルモニの有志らが1994年4月に開設し、今はNPO法人「うり・そだん」が運営する。

生徒は戦前、戦後に朝鮮半島や済州島などから移り住んだ人たちで、これまでに200人以上が学んだ。子どもの頃、貧しくて学校に通えなかったり、仕事や子育てに追われたりした人が多い。

90年代初め、夜間中学の生徒は膨らみ、廊下まで生徒があふれた。ハルモニらは、「年を取っても学びたい」と夜間中学に通ったが、読み書きの習得には時間がかかった。

修業年限の3年を過ぎても学校に残る人が相次ぎ、市教委は13年以上の長期在籍者を卒業させようとした。ハルモニらは座り込んで抗議。夜間中学の学習環境の充実を訴える一方、卒業期限を設けずに勉強できる場の設置を模索。これがうり・そだんにつながった。

続きを読む

朝日新聞(無料会員登録で閲覧できます)

 

 

関連キーワード: , ,

一覧ページへ