Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2014/02/28
【産経新聞】負の連鎖 高齢者・障害者の再犯防止


 

【産経新聞】負の連鎖 高齢者・障害者の再犯防止
(上)困窮と犯罪 出所した高齢者らへ支援
続きを読む
産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/region/news/140223/chb14022320220001-n1.htm

(上)困窮と犯罪 出所した高齢者らへ支援

認知症患者らが暮らす、千葉市内のあるグループホーム。顔見知りの県地域生活定着支援センター職員の訪問に、がっちりした体格の入居者の男性(85)は顔をほころばせながらも少し困った表情で応じた。「こんにちは。ええっと…誰だったかな」

男性は昨年9月まで約2年間、窃盗罪で刑務所に服役していた。それまでは知的障害のある息子と2人暮らし。高齢のため長く続けてきた運送業をやめ、生活保護費と障害年金でつつましく生活を送っていた。しかし、認知症が徐々に進行。金銭の管理が難しくなり、生活は困窮していった。

「倅(せがれ)を食わせないと…」。息子への思いから何度も、近くの小売店で食べ物を万引した。

79歳から現在まで3回窃盗罪で摘発され、執行猶予期間中に再犯したことから、収監。生活の根幹が変わらなければ、出所後も同じ生活が待っていることは目に見えていた。そんな困窮と犯罪の“負の連鎖”に陥った男性に手を差し伸べたのが支援センターだった。

■    ■

平成24年の刑務所入所者の高齢者数は、その19年前の5年と比べて約5・6倍と激増している。法務省によると、毎年刑務所からの出所者は3万人前後。18年の調査によると、その中で親族などの身元引受人がおらず、自立が困難な65歳以上の高齢者や障害者は約1千人に上った。

こうした人たちは出所後も安定した暮らしができないため再犯のリスクが高いとされ、身元引受人がいない高齢者の約7割が5年以内に再入所するというデータもある。知的障害などがある受刑者は、3割以上が犯罪の動機に「困窮」を挙げている。

続きを読む

産経新聞

 

 

関連キーワード: ,

一覧ページへ