Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2014/05/22
【毎日新聞】日独の認知症施設を取材して


 

【毎日新聞】日独の認知症施設を取材して
続きを読む
毎日新聞
http://mainichi.jp/journalism/listening/news/20140520org00m040003000c.html

◇臭いに表れる介護の質

認知症取材のために介護施設に入る時、すっかり習慣になってしまったことがある。入る前に息を止め、臭いに慣れるまでゆっくり呼吸することだ。いきなり鼻で空気を吸うと、予想以上の臭気に気分が悪くなることもあった。

3月まで所属した特別報道グループで、認知症の人がおかれた現状を取材するため、特別養護老人ホームや介護老人保健施設、精神科の認知症病棟などを訪れた。多くの施設で排せつ物の臭いや換気の悪い食堂のような独特の臭いがあった。本来は「生活の場」でもある施設で、私が最も違和感を覚えたのがこうした臭いの問題だった。

◇汚物で汚れても完全に閉じ込め

3月下旬、ドイツの認知症政策を取材するためベルリンを訪れた。最初に訪問したのは郊外にある認知症患者が入る精神科病棟だった。高い天井とガラス張りの建物は日本のものとは違い、明るく清潔感が漂っていた。ドアを開けて、拍子抜けするほど臭いがしないことに驚かされた。

国内で取材した施設の中では認知症病棟が最も臭った。日本の病棟と何が違うのか。

続きを読む

毎日新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ