Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2014/06/13
【ヒューマン・ライツ・ウォッチ】強制労働被害者保護の条約 採択


 

【ヒューマン・ライツ・ウォッチ】強制労働被害者保護の条約 採択
続きを読む
ヒューマン・ライツ・ウォッチ
http://www.hrw.org/ja/news/2014/06/11

国際労働機関 (ILO) は6月11日に画期的な新条約を採択。強制労働の防止と世界2,100万人と推計される被害者への補償に向けた取り組みを前進させるものだと、ヒューマン・ライツ・ウォッチは本日述べた。ILOを構成する各国政府・労働組合・雇用者団体の大部分が1930年の強制労働条約の2014年議定書の採択に賛成した。同条約は世界の大半の国が批准しているものの内容は古くなっていた。このため移住労働者を対象とし、民間部門に対応するなど、現在の人権侵害への対処強化が図られた。

強制労働被害者は、農業・家事労働・製造業・性産業などで人身取引に遭ったり、奴隷労働に近い状態に置かれている場合がある。多くは危険な状況下での長時間労働をごく低賃金か無賃金で行っている。心理的・身体的・性的暴力、監禁や債務による束縛、報復への脅迫などにより移動の自由を失っている。

続きを読む

ヒューマン・ライツ・ウォッチ

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ