Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2014/07/04
【読売新聞】ハラスメント最新事情:都議会セクハラヤジ事件


 

【読売新聞】ハラスメント最新事情:都議会セクハラヤジ事件
(1)たかがヤジ、されどヤジ
続きを読む
読売新聞
(1)たかがヤジ、されどヤジ
http://www.yomiuri.co.jp/job/navi/kaneko/20140624-OYT8T50211.html
(2)“人権後進国”から“人権三流国家”に
http://www.yomiuri.co.jp/job/navi/kaneko/20140701-OYT8T50046.html
ハラスメント最新事情:一覧
http://www.yomiuri.co.jp/job/navi/kaneko/?from=ycnav2

(1)たかがヤジ、されどヤジ

いずれ書こうと思っていたセクハラの本質に触れるような事件が都議会という注目度の高い舞台で起きてしまったので、今回、次回は都議会セクハラヤジ事件関連で伝えていくことにします。

あのヤジは果たしてセクハラか?

事件が起きて、私のところにもマスコミからのコメントを求める取材が来ましたが、その第一声がこの質問でした。「セクハラだ」と書きながら、果たしてこれが本当にセクハラと言えるのか?というライター側(男性)の感じた率直な疑問と戸惑いだったのだと思います。

もはや過熱報道ともいえるフィーバーぶりで、今更セクハラかどうかなど、どうでもいいという風潮になってしまっている感がありますが、実はこれは大事な疑問なんです。現に、発言者のS議員は「そんなつもりではなかった」「一般的な言い方として……」と弁明しているように、セクハラをするつもりはなかったし、こんな大騒ぎになるとは思わなかったと言っています。

また、事件当時は周囲ではもっと悪質と思われる「産めないのか」発言もあったとも言われ、それへの笑い声などがあり、議長も制止せず、知事も笑っていた(弁明しているが……)ともされています。その時の周囲の反応を含めて考えた場合に、本人にも周囲の認識にもセクハラという認識はまったくと言っていいほどなかったことがわかります。

続きを読む

読売新聞

(1)たかがヤジ、されどヤジ

(2)“人権後進国”から“人権三流国家”に

ハラスメント最新事情:一覧

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ