Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2014/07/31
【中日新聞】社説:最低賃金改定 貧困から抜け出す額に


 

【中日新聞】社説:最低賃金改定 貧困から抜け出す額に
続きを読む
中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2014073102000103.html

二〇一四年度の最低賃金の引き上げ幅は、昨年度に続き高水準になった。だが、働いても貧困から抜け出せない人たちの生活向上にはほど遠い。非正規雇用が増える今、さらなる底上げが必要だ。

最低賃金は企業が払う最低限の賃金水準で、下回る賃金は違法となる。非正規で働く人たちの賃金額の目安にもなっている。

労使が入る国の中央最低賃金審議会が毎年、改定幅の目安を示す。これを受け地方の審議会が地域ごとの金額を決める。改定は非正規労働者の“春闘”といえる。

本年度の目安は全国平均で時給七百八十円、昨年度より十六円増えた。二桁増は三年連続で昨年度よりさらに一円上乗せした。

改定の目安となる賃金、物価、企業利益はいずれも上昇した。正社員の春闘では大手企業の賃上げ率は十五年ぶりに2%を超えた。引き上げは当然だ。今改定も約2%のアップになる。

だが、消費者物価指数は前年比3%超の上昇が続く。消費税も増税された。最低でも物価上昇分の上乗せはすべきだった。

続きを読む

中日新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ