Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2014/09/18
【毎日新聞】性同一性障害:性的少数者守りたい 「男性」弁護士、経験隠さず


 

【毎日新聞】性同一性障害:性的少数者守りたい 「男性」弁護士、経験隠さず
続きを読む
毎日新聞
http://mainichi.jp/shimen/news/20140917dde041040025000c.html

女性として生まれたが性同一性障害の一つのFTMと診断され、「男性」として仕事をしている弁護士が、FTMであることを隠さずに活動していくことを決意した。茨城県弁護士会に所属する池田清美さん(32)=水戸市。性別違和に苦しんだ経験を生かし、性的少数者に寄り添っていくつもりだ。

池田さんは幼少期からスカートや赤いランドセルを好まず、「女の子」であることに苦痛を感じていた。中学生になったころ、「自分は男だ」と確信した。制服のない共学の高校を選んだが周囲になじめず、2年時に中退した。その後、体の性は女性、心の性は男性という「FTM」と診断された。

大検に合格し、東大に進学。就職を考えた際、「FTMを正直に言っても面接で落とされる。偽ったままでは会社にいられない」と考え、弁護士を目指した。2008年に司法試験に合格し、09年から弁護士活動を行っている。

続きを読む

毎日新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ