Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2014/10/15
【ハフィントンポスト】過労死防止法、11月施行 一方で「安倍政権は"過労死促進法"も進めている」との指摘も


 

【ハフィントンポスト】過労死防止法、11月施行 一方で「安倍政権は"過労死促進法"も進めている」との指摘も
続きを読む
ハフィントンポスト
http://www.huffingtonpost.jp/2014/10/14/karoshi-prevention-law_n_5983214.html

政府は10月14日、「過労死等防止対策推進法(過労死防止法)」を11月1日に施行すると閣議決定した。

同法は過労死・過労自殺の対策を国の責任で進めることを明記した初めての法律で、国の取るべき対策として(1)過労死の実態の調査研究、(2)国民への啓発、(3)相談体制の整備、(4)民間団体の活動に対する支援などの内容を盛り込んでおり、自治体や事業主には、国や自治体が実施する対策に協力するよう求めている。

労災問題に取り組んできた弁護士からは、この法律について「防止策の実施を国の責務としたことの意義は大きいうえ、遺族の声も聴きながら過労死防止対策を具体的に進めていく仕組みが作られることは、大変評価できる」との声があがっている。

過労死防止法はもともと「過労死防止“基本法”」として、国だけでなく地方自治体や事業主も、過労死をなくすための責務を明記すべきとされていた。しかし、自民党の作業チームによって、自治体や事業主の責務部分が努力規定と変更され、“対策推進法”となった。そのため、「事業主自身が積極的に過労死等を防止するための安全配慮の措置を取るべき義務が明記されないなど、内容に不十分な点もある」として、「法施行後3年の検討時期までに更なる法制上又は財政上の措置を講じなければならない」との指摘も出ている。

続きを読む

ハフィントンポスト

 

 

関連キーワード: ,

一覧ページへ