Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2014/12/08
【WEBRONZA】狭山事件、無実訴え半世紀 市民ら再審求める


 

【WEBRONZA】狭山事件、無実訴え半世紀 市民ら再審求める
続きを読む
WEBRONZA
http://webronza.asahi.com/national/articles/2014120300009.html

差別の実態を理解しようとしなかった裁判官は、差別の恐ろしさを理解できなかった。

10月31日、「狭山事件」の再審を求める市民集会が、日比谷野外音楽堂で開かれ、約3000人が集まった。銀座を通り抜けて東京駅にむかうパレードで、石川一雄(75歳)さんの無実を訴えた。

ちょうど40年前のこの日、東京高裁は、埼玉県狭山市で1963年5月に発生した女子高校生殺人事件の被告人、石川さんに対して、一審の死刑判決を減刑し、無期懲役の判決をだした。

弁護団をふくめ支援者は、無罪判決を確信していたため、その日は「憤激の日」となっていた。この判決は弁護団の批判を無視したものとして記憶され、この日が判決撤回運動の原点となっている。

事件発生からすでに51年半たった。31年半の獄中生活のあと、石川さんは94年12月に仮釈放されたが、いまも再審裁判をもとめて全国で訴え続けている。月に2度ほど、妻の早智子(さちこ)さんとふたり、東京高裁前に立って「ぼくは無実だ。裁判をやり直して欲しい」と要請している。

続きを読む

WEBRONZA

 

 

関連キーワード: , ,

一覧ページへ