Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2015/01/29
【東京新聞】社説:障害年金 命綱の格差解消を急げ


 

【東京新聞】社説:障害年金 命綱の格差解消を急げ
続きを読む
東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2015012902000150.html

同様の障害があるのに、住んでいる地域によって国の障害年金が支給されたり、されなかったりする不公平が放置されてきた。“命綱”の格差は許されない。不利益からの救済を急がねばならない。

障害年金には加入する公的年金制度に応じ、障害基礎年金と障害厚生年金、障害共済年金がある。

老齢年金が支給される六十五歳より前に心身の障害を負い、日常の暮らしや仕事に差し障りのある人に支払われる。障害の重さや保険料の納付期間などの要件を満たすと受給できる。

このうち、多くの人が受け取る基礎年金の審査の仕組みに欠陥があることが分かった。申請して不支給と判定される割合に、都道府県によって大きな差があった。

厚生労働省が二〇一〇年度からの三年間について不支給割合を調べた結果、最高は大分の24・4%、最低は栃木の4・0%で、六倍もの不自然な開きがあった。

基礎年金では、日本年金機構の都道府県事務センターごとに委嘱された認定医が申請者の診断書を基に審査する。不支給割合の高い地域は、精神障害と知的障害の人の「日常生活能力の程度」に厳しい目安を設けて判定していた。

申請者全体の三分の二を占める精神、知的障害の審査のばらつきが地域間格差を生み出してきた主な原因だったという。受給資格があるはずの多くの障害者が対象外とされているのは間違いない。

続きを読む

東京新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ