Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2015/02/18
【東京新聞】社説:高齢者への虐待 社会で介護を支えよう


 

【東京新聞】社説:高齢者への虐待 社会で介護を支えよう
続きを読む
東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2015021802000152.html

高齢者への虐待件数が増えている。厚生労働省の調査によると、二〇一三年度は前年度比4%増の一万六千件だった。認知症に関する知識の普及や、介護を担う家族への支援が急務だ。

調査は高齢者虐待防止法に基づき〇六年度に開始。一三年度は過去三番目に多かった。

内訳は、特別養護老人ホームなど介護施設の職員による虐待が二百二十一件、残りが家族や親族などによるものだった。施設職員による虐待件数は前年度比四割増と急増しており、被害者の八割超が認知症の人だった。死亡したのは二十一人で、いずれも家族らによる虐待が原因だった。

職員による虐待の内容で最も多かったのが殴る蹴るなどの「身体的虐待」で64%。次いで暴言や無視などの「心理的虐待」、「介護放棄」が続いた。

虐待件数が増加している要因について、厚労省は「市町村の取り組みが進んだことに加え、施設職員の意識の高まりから、虐待が広く拾われるようになったため」と説明。確かにそれも一因だろう。

だが、発生要因は、施設職員の場合、徘徊(はいかい)や妄想など認知症の症状などの知識不足に次いで「職員のストレス」が多かった。家族らの場合、最多が「介護疲れ・介護ストレス」だ。

続きを読む

東京新聞

 

 

関連キーワード: ,

一覧ページへ