Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2015/02/25
【中日新聞】社説:議会の白杖制限 無理解では済まされぬ


 

【中日新聞】社説:議会の白杖制限 無理解では済まされぬ
続きを読む
中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2015022502000114.html

視覚障害者の歩行に欠かせぬ白杖(はくじょう)を「凶器その他危険物」扱いする。傍聴中の白杖の携帯を禁じる愛知県議会の対応は、当事者にとって、身体の自由を奪われるに等しい人権侵害ではないか。

白杖の扱いに疑問の声が上がったのは、昨年の県議会十二月定例会。「視覚障害者の社会参加」などを取り上げる一般質問を聞くため、白杖を使う十三人が本会議の傍聴に訪れた際のことである。

議場の係員から、着席後は白杖を預けるか、折り畳み式であるならばかばんにしまうように指示された、というのである。

一般向けの本会議の傍聴案内には「酒気を帯びている方」などと並んで「凶器その他危険物を持っている方」は、傍聴席に入れないと明記されている。

議会事務局は、視覚障害者の白杖も足が不自由な人が持つ杖(つえ)も、その「凶器その他危険物」に相当するため、着席後には預かることにしてきた、と説明する。

障害者本人の目的外使用は考えにくいとしても、「第三者が議場に投げ入れる可能性がある」というのである。

続きを読む

中日新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ