Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2015/03/02
【福井新聞】論説:ネットルール 生徒主体の取り組み波及


 

【福井新聞】論説:ネットルール 生徒主体の取り組み波及
続きを読む
福井新聞
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/editorial/65328.html

子どものインターネット“デビュー”は小学高学年ごろといわれる。パソコンやスマートフォンだけでなく、携帯音楽プレーヤーやゲーム機などの普及によりネット環境は身近になった。同時に、ネット依存による生活習慣の乱れや、いじめなどを未然に防ぐ対策が急務となっている。そうした中で、県内の中学校を中心に生徒が独自ルールを作る取り組みが広がりをみせている。

昨年11月の県教委調査によると、中学生の無料通信アプリ「LINE(ライン)」やメールの1日当たりの利用時間は「1時間以上」が52・8%、「3時間以上」は13・4%だった。個人やグループで会話を楽しめるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は人気だが、返信に追われ利用が長時間になりがち。県教委は学習への影響やいじめの危惧を指摘するが、規制するのは難しく、生徒の自主性が大きな鍵を握っている。

続きを読む

福井新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ