Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2015/03/09
【THE PAGE】「もういない」発言でも話題に アイヌの歴史と文化とは?


 

【THE PAGE】「もういない」発言でも話題に アイヌの歴史と文化とは?
谷本晃久・北海道大学大学院准教授
続きを読む
THE PAGE
http://thepage.jp/detail/20150303-00000005-wordleaf

谷本晃久・北海道大学大学院准教授

2014年の8月、札幌市議の金子快之議員が「アイヌ民族なんて、いまはもういない」とツイッターに書き込み、物議をかもした。政府の内閣官房アイヌ総合政策室は昨年、アイヌ民族に対する国民の理解度について調査する方針を示したが、アイヌに対する国民の理解度は、けっして高いとは言えないとの指摘もある。そもそも、アイヌとは何なのか。歴史や文化はどんなものなのか。アイヌの歴史に詳しい、北海道大学大学院の谷本晃久准教授に寄稿してもらった。

アイヌ:ainuとは、アイヌ語で「人間」あるいは「男性」を指す言葉である。同時に、民族名称としても用いられる。政府には現在、内閣官房長官を座長とするアイヌ政策推進会議があり、その事務局として内閣官房にアイヌ総合政策室が置かれている。2008年6月6日に、衆参両院で「アイヌ民族を先住民族とすることを求める決議」が全会一致で採択されたことは記憶に新しい。

続きを読む

THE PAGE

 

 

関連キーワード: ,

一覧ページへ