Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2015/03/20
【東京新聞】障害年金 公務員支給条件で優遇 「初診」証明不要


 

【東京新聞】障害年金 公務員支給条件で優遇 「初診」証明不要
続きを読む
東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015031702000150.html

病気やけがで一定の障害のある人が受け取れる国の障害年金で、支給の条件に官民で格差があることが十六日、分かった。自営業者らの国民年金と会社員向けの厚生年金では、障害のもとになった傷病で初めて医療機関にかかった「初診日」がいつかを証明できなければ不支給となる。だが、共済年金に加入する国家公務員と一部の地方公務員は、本人の申告だけで支給が認められていた。

こうした不公平な官民格差は関係省令の違いが原因で、半世紀以上続いてきたとみられる。民間も公務員と同じ取り扱いであれば、より多くの人が障害年金を受け取れていた可能性がある。

初診日は障害年金の支給か不支給かを左右する重要な要素。国民年金などの加入者は最初の受診から何年も過ぎて重症化した後に支給を申請しても、カルテなど証拠となる書類が廃棄されて初診日を証明できないケースが少なくない。

続きを読む

東京新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ