Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2015/04/17
【ブルームバーグ】老人ホーム化する刑務所、「出るのが怖かった」-高齢化で医療費増も


 

【ブルームバーグ】老人ホーム化する刑務所、「出るのが怖かった」-高齢化で医療費増も
続きを読む
ブルームバーグ
http://www.bloomberg.co.jp/bb/newsarchive/NMGTCR6KLVRF01.html

世界中の多くの刑務所は脱走防止に時間と労力を割いているが、日本では受刑者を出所させるのに苦労している。毎年約6400人があてどもないまま出所、そのうち3人に1人は2年以内に戻ってくる。

日本政府は犯罪対策閣僚会議で昨年12月、帰る場所がないまま社会復帰する出所者数について、夏季東京五輪が開催される2020年までに3割以上減らすと公約した。犯罪や非行に手を染めた人を社会の一員として再び受け入れる社会環境を構築する一環だ。

高齢受刑者がこの10年間急増する中、かなり高い数値目標だ。自由を手にしても孤立する社会での生活より、仲間がいて衣食住を政府が提供する刑務所生活を選ぶ受刑者も多い。

長崎刑務所に入所している67歳の受刑者は、すりを繰り返して14回目の服役中だ。12月に満期出所予定だが、支援なしにはまた戻る可能性が高いと社会福祉士はみている。頼れる親族や友人がおらず、なけなしの所持金を食費や酒で使い切ってしまうからだ。福島刑務支所(女子刑務所)では60歳以上が全受刑者の28パーセントを占める。窃盗を重ねている最高齢91歳女性は、入出所を繰り返している。

続きを読む

ブルームバーグ

 

 

関連キーワード: ,

一覧ページへ