Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2015/08/17
【東京新聞】<空き家を生かす!!>生活保護受給者への賃貸物件 事前登録で簡単検索


 

【東京新聞】<空き家を生かす!!>生活保護受給者への賃貸物件 事前登録で簡単検索
続きを読む
東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/CK2015081302000194.html

全国の賃貸住宅所有者でつくる公益社団法人・全国賃貸住宅経営者協会連合会(東京都)は十月から、賃貸住宅の空き室を生活保護受給者に貸しやすくするための事前登録制度を始める。所有者が受給者への貸し出しを原則的に認める物件を、インターネットで簡単に検索できるようにして、住宅を探す受給者に便宜を図りながら、空き室の減少を目指す。 (白井康彦)

生活保護の受給者が賃料が安い物件に転居しようとしたり、ホームレスの人が新たに受給して賃貸住宅に新規入居したりする場合、現状では不動産仲介業者が物件所有者に「借りたい人が生活保護受給者だが、貸してもいいか」と一軒ずつ確認している。しかし受給者OKの物件がどれなのか分からないため、何軒も断られ続ける受給者が多い。

生活保護には家賃に当たる住宅扶助が毎月含まれており、所有者からすると「定期収入がある人」と見ることもできる。賃貸住宅の供給過剰などで古い賃貸住宅の空き室が増えていることから、「空き室にしたままより、受給者に貸し出したい」と希望する声が強まっている。

続きを読む

東京新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ