Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2015/08/31
【北海道新聞】アイヌ文化浸透、官民攻めの発信 20年に五輪、象徴空間開設


 

【北海道新聞】アイヌ文化浸透、官民攻めの発信 20年に五輪、象徴空間開設
続きを読む
北海道新聞
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/life-topic/life-topic/1-0173935.html

アイヌ文化を国内外のさまざまな世代に発信する新たな取り組みが官民で相次いでいる。2020年の東京五輪・パラリンピックや、同年に政府がアイヌ文化復興の拠点「民族共生の象徴となる空間」(象徴空間)を胆振管内白老町に開設することを視野に、観光施設や博物館での披露だけにとどまらない攻めの戦略で広範な層に浸透を図る。

札幌市円山動物園で開催中のアイヌ語クイズ付きスタンプラリー。台紙にヒグマ、エゾシカなど四つの動物のアイヌ語名を書き込む欄があり、スタンプ台の解説を参考に答えを記入する。挑戦した札幌市立屯田小6年の阿曽(あそ)愛莉さん(12)は「アイヌ語って面白い。もっと知りたい」と話す。

続きを読む

北海道新聞

 

 

関連キーワード: ,

一覧ページへ