Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2015/10/01
【東京新聞】社説:マイナンバー制度 見切り発車の危うさ


 

【東京新聞】社説:マイナンバー制度 見切り発車の危うさ
続きを読む
東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2015100102000131.html

国民一人一人に番号を割り当てるマイナンバー制度は、十月から個人番号の通知が始まる。仕組み自体に危うさはないのか、あらためて問い直したい。

十二桁の数字が並んだ個人番号の「通知カード」が十月以降、各家庭に簡易書留で届くだろう。税と社会保障、災害対策関連の個人情報をこの番号で結びつけるのが、マイナンバー制度だ。法人にも番号が付けられる。実際の制度運用は来年一月以降だ。

行政事務の効率化が、この制度の最大の目的だが、国民にとっても社会保障給付の申請手続きで各種の証明書が不要になるなどのメリットが語られる。

◆通知で混乱の予想も

IC(集積回路)チップ付きの「マイナンバーカード」も希望すれば、来年から自治体窓口で発行される。名前と住所、生年月日、性別、顔写真が載るので、本人確認のための身分証明に使える。

いずれ「マイポータル」といって、インターネットを使い、自宅にいながら、さまざまな手続きができるともいわれている。行政側から各種案内や通知文書がマイポータルを活用して届くようになることなども計画されている。

続きを読む

東京新聞

 

 

関連キーワード: ,

一覧ページへ