Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2015/10/16
【弁護士ドットコム】名張ぶどう酒事件:死亡した奥西死刑囚は一審無罪


 

【弁護士ドットコム】名張ぶどう酒事件:死亡した奥西死刑囚は一審無罪 「検
察の上訴を認めるな」の声も
続きを読む
弁護士ドットコム
https://www.bengo4.com/c_1009/c_19/c_1092/n_3820/

「検察の上訴を認めるな」の声も

54年前に起きた「名張毒ぶどう酒事件」の再審を請求していた奥西勝死刑囚が10月4日、収容先の医療刑務所で肺炎のため死亡した。今後は、奥西死刑囚の妹の岡美代子さん(85)が請求人となり、新たに再審請求を行うという。

「名張毒ぶどう酒事件」は1961年、三重県名張市の地区の懇親会で、ぶどう酒に農薬が入れられて、女性5人が死亡したという事件。奥西死刑囚への死刑判決が確定したあと、裁判のやり直し(再審)がいったん認められ、その後取り消されるという経過をたどっていた。

奥西死刑囚の死亡を受けて、「袴田事件」の再審開始決定で釈放された袴田巌さん(79)の関係者はメディアを通じて、「何度も救済機会があったのに見殺しにした」と司法を批判。「検察官の上訴を禁じるべき」と述べた。

袴田さんの裁判も、釈放までには長い時間がかかった。いまも、静岡地裁の再審開始決定に対して検察側が即時抗告し、東京高裁で争っている。再審をめぐる仕組みについて、えん罪事件に取り組む弁護士はどう見ているのだろうか。萩原猛弁護士に聞いた。

続きを読む

弁護士ドットコム

 

 

関連キーワード: ,

一覧ページへ