Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2015/12/28
【埼玉新聞】狭山事件:三者協議、検察側「不見当」繰り返し 証拠開示応じず


 

【埼玉新聞】狭山事件:三者協議、検察側「不見当」繰り返し 証拠開示応じず
続きを読む
埼玉新聞
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/12/28/10.html

1963年5月、狭山市で女子高校生が殺害された狭山事件で、第3次再審請求をしている石川一雄さん(76)の三者協議が東京高裁で開かれた。

「脅迫状を届ける途中で自動三輪車に追い越された」「脅迫状を届けたときに被害者宅の隣に駐車した車を見た」との石川さんの自白に対する弁護団の証拠開示勧告申し立てについて、検察側は「不見当」を繰り返した。

この2点は「秘密の暴露」に当たるとして、寺尾判決(東京高裁の確定判決)が有罪の証拠にしたが、弁護団は「警察が自白を誘導した疑いが明らか」として「存在しないというなら理由や事情を説明するべき」と追及した。

続きを読む

埼玉新聞

 

 

関連キーワード: ,

一覧ページへ