Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2016/02/01
【東京新聞】ニートら自立へ生き生き 広がる就労「経験の場」


 

【東京新聞】ニートら自立へ生き生き 広がる就労「経験の場」
続きを読む
東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201602/CK2016020102000178.html

ニートや生活困窮者らが、職場での実習訓練を通じて自立を目指す取り組みが広がっている。「中間的就労」と呼ばれ、受け入れ企業などを自治体が認定し、ニートらをあっせん。長期就労につなげるとともに、中小企業の人材確保にも一役買っている。 (山本真嗣)

新聞や段ボール、コピー用紙…。廃棄物処理会社「三和清掃」(愛知県小牧市)の工場(名古屋市港区)で一月下旬、三十代の男性が、山のように積まれた古紙を黙々と分別していた。「目の前でごみが減り、成果が見えるのがうれしい」

工場は名古屋市が認定した就労訓練事業所の一つ。昨年八月から三週間、中間的就労として男性を受け入れた。男性はその後、アルバイト採用され、時給八百五十円で週約二十時間働く。欠勤や遅刻もなく、残業することも。舟木進一工場長(45)は「まじめで一生懸命。助かる」と喜ぶ。

続きを読む

東京新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ