Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2016/02/17
【西日本新聞】余った弁当を貧困児童に 福岡県がコンビニ、NPOと連携


 

【西日本新聞】余った弁当を貧困児童に 福岡県がコンビニ、NPOと連携
続きを読む
西日本新聞
http://www.nishinippon.co.jp/feature/tomorrow_to_children/article/224804

福岡県は、子どもの貧困対策の一環として、コンビニエンスストアで販売しなくなった消費期限前のパンや弁当、おにぎりなどの食品を無償提供してもらい、NPO法人などを通して貧困世帯の子どもたちに届ける仕組みを新年度に創設する。コンビニの余剰食品を再利用する取り組みは横浜市が2006年に始めたが、都道府県レベルでは全国で初めて。

県はまた、食べられるのに廃棄される食品を企業から提供してもらい、生活困窮世帯や児童養護施設などに届ける「フードバンク」活動の支援事業にも新たに乗り出す。売れ残りやラベルの印字ミスなどで廃棄される食品は県内では年間25万トンに上るとされ、こうした「食品ロス」の削減につなげるのも狙いだ。

続きを読む

西日本新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ