Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2016/03/17
【ヒューライツ大阪ニュース】大阪市の施設でのヘイトスピーチ団体の集会に、抗議多数


 

【ヒューライツ大阪ニュース】大阪市の施設でのヘイトスピーチ団体の集会に、抗議多数
続きを読む
ヒューライツ大阪ニュース
http://www.hurights.or.jp/archives/newsinbrief-ja/section3/2016/03/313.html

ヘイトスピーチ団体による二つの集会

大阪市で1月に制定され、部分的に施行されている「ヘイトスピーチへの対処に関する条例」に対して人種差別扇動を続けるグループのメンバーたち(主催者側)が3月13日、大阪市の施設2カ所を利用して集会を開きました。

同日午前中、「在日特権条例に抗して日本人を守る講演会」と題した講演会が平野区内で開かれました。施設前にはヘイトスピーチを行う可能性がある団体・個人に市の施設を使用させるべきではないとして、部落解放同盟や市民団体など200人以上が集まり抗議を行いました。周辺は住宅街であることを考慮して、横断幕やプラカードを掲げながらの静かなアクションとなりました。主催者側のメンバーのみ入場が認められましたが、参加者は10数名にとどまりました。

午後、主催者側は東住吉区の施設に移動し、「大阪市ヘイトスピーチ規制条例と表現の自由のあり方について」と題する公開討論会を開催しました。主催者側があらかじめヘイトスピーチへの対抗行動に取り組んでいる市民グループのC.R.A.C.(対レイシスト行動集団)などに参加を呼びかけていたことから、抗議する側は、討論に参加する人たちと、会場前での抗議行動の二手にわかれました。

続きを読む

ヒューライツ大阪ニュース

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ