Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2016/03/16
【SYNODOS】「パワハラ公募」に泣くハローワーク非常勤相談員


 

【SYNODOS】「パワハラ公募」に泣くハローワーク非常勤相談員
竹信三恵子 / ジャーナリスト
続きを読む
SYNODOS
http://synodos.jp/society/16439

竹信三恵子 / ジャーナリスト

仕事がない人の求職を支援するハローワークの非常勤相談員が、3年ごとの一律公募制度に泣いている。「非常勤は期限付きの一時的な仕事」という建前に合わせるため、欠員がなくても、実績を上げていても、必ず3年ごとに非常勤を公募して試験で見直すよう人事院から求められているからだ。

同じ職場で机を並べる非常勤相談員が公募によって競わされてストレスから精神疾患にかかる例もあり、「パワハラ公募」の呼び名まで生まれている。政府は1月、「正社員転換・待遇改善実現プラン」を発表したが、その足元で、プランを裏切る事態が起きている。

続きを読む

SYNODOS

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ