Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2016/04/19
【日刊薬業】熊本地震:県内の透析13施設で水不足、安定的な水供給が課題に


 

【日刊薬業】熊本地震:県内の透析13施設で水不足、安定的な水供給が課題に
続きを読む
日刊薬業
http://nk.jiho.jp/servlet/nk/gyosei/article/1226584866268.html?pageKind=outline

熊本地震に関する厚生労働省の18日正午時点のまとめなどによると、熊本県内の透析医療機関94施設(患者数6393人)のうち、21施設(約1600人)で透析ができない状況だ。透析不可施設のうち13施設で透析用の水が不足し、7施設で建物・機器が破損、1施設で透析機器が破損している。

厚労省は透析不可施設の患者について「透析用の水の確保、熊本県内の他の医療機関での受け入れにより、県内でほぼ対応できている」と説明しているが、今後の安定的な透析用の水の供給などに向け、熊本県臨床工学技士会などと対策を協議。状況の悪化に備えて日本透析医会や近隣県と連携し、県外の医療機関への患者移送も検討している。18日には熊本市の患者10人が福岡県の病院に移る見通し。大分県では透析不可の施設はないという。

続きを読む

日刊薬業

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ