Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2016/04/11
【読売新聞】貧困と生活保護(28) 生活保護とパチンコをどう考えるか


 

【読売新聞】貧困と生活保護(28) 生活保護とパチンコをどう考えるか
続きを読む
読売新聞
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160407-OYTET50024/

生活保護を受けている人がパチンコやギャンブルをするのはけしからん、という意見がしばしば自治体に届いたり、ネットに書き込まれたりします。保護費の元は税金だから浪費するな、ということなのでしょう。なるほど、気持ちはわかります。

ただし、生活保護の利用者でパチンコやギャンブルをするのは、あくまでも一部です。その人たちも手持ちのお金は限られているので、多額につぎ込めるわけではありません。

また、支給された保護費を何に使うかは基本的に本人の自由とされています。「過度なパチンコや公営ギャンブルは望ましくないが、余暇の範囲なら、やってはいけないという規定はない」というのが厚生労働省保護課の見解です。負けてお金が減っても、保護費が余分にかかるわけではありません。苦しくなるのは本人の暮らしです(もちろん生活が苦しくなるのは、よいことではない)。

続きを読む

読売新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ